読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

招待客の人数と席順が大変でした

私が結婚式をした時の話です。

うちの場合は新婦側の親戚が多く、新郎側とバランスが取れなかったことが一番大変でした。

新郎が多い場合はあんまり問題ではないようなので、まだまだ男>女の世の中なんだなと思いました。

新郎の名字になるのだから、仕方がないのかもしれませんが。

姑が「ありえない」と言ったのが印象的でした。



結局、新婦側の親戚を削るわけにもいかず、新婦側の会社関係の人たちを大幅に削りました。

会社の上司も「喜んで行くよ」と言ってくれていたのに、誰も呼ぶことができませんでした。

普段一番お世話になっている上司を呼べなかったのは残念でしたし、正直に言えば、会社の上司が一番たくさんお祝いを持ってきてくれそうだったので、それも残念でしたね。



次は席順が大変でした。

普段、あまり付き合いのない親戚はどちらを上座にするのかわからない場合があり、あちこちに連絡して確認をとりました。

その連絡を取る中で、誰と誰は仲が悪いから話した方がいい、などと余計なことを言ってくる親戚がいたので、本当に苦労しました。



結婚式の準備と言えば、ドレスや料理や花を楽しく選ぶものだと思っていました。

結婚は本人同士だけではなく、家と家のものだといいますが、なるほどその通りだと実感しました。